人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~

もうひとつの立山
立山黒部アルペンルート 弥陀ヶ原の南側にある場所


立山カルデラ


今回は、砂防工事編です!ヾ(*・ω・)ノ

アテンダントとして、記念すべき!初ブログ
たくさん感じて、メモして来ましたよ
秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_14295561.jpg






明治時代より、現在もなお続けられている砂防工事
なぜ富山県で砂防工事が始まったのでしょうか?

富山県ではおよそ150年前、飛越地震という大きな地震が起こりました
その地震の影響で、立山連峰では2つの山が崩れ、
約4億㎥の崩壊土砂が立山カルデラに流れ込んだと言われています

崩れた谷の生々しい爪痕
秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_12201278.jpg


土地が不安定なため、草木が生えなくなってしまいました
秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_1228423.jpg

実は、立山カルデラ砂防博物館でも、同じ風景が見れちゃいます!゚+。:.゚ワァォ(*’▽`人)゚.:。+゚
ぜひ見てみたい!という方は立山カルデラ砂防博物館の2階へGO!


雲がかかって少し見えづらいですが、左にはかつて大鳶山、右には小鳶山があったとされる場所です
秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_1235522.jpg



4億㎥の崩壊土砂のうち2億㎥の土砂は過去2回にわたり富山平野に流出し、富山県に災害をもたらしました
今、立山カルデラに残されている土砂の量は2億㎥・・・
その土砂が、もし流れ出してしまったら、
富山平野は1~2mもの土砂に埋もれてしまう
と言われています((((;゚Д゚;))))アワワ

度重なる土砂災害
そして今もなお立山カルデラに残されている土砂が、再び富山平野に流出するのを防ごうと始まったのが・・・

そう、砂防工事ですΣ(σ`・ω・´)σ


工事の様子
秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_8511914.jpg


堰堤の建設現場に立ち入らせていただきました!
こちらは、水が流れていて、完成間近ですね
秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_12514388.jpg



作業員の方は、水谷平という所で寝泊まりしながら、現在も砂防工事を続けておられます
この水谷平は、実は飛越地震によって崩れた大鳶山、小鳶山の崩壊土砂が
元々あった山にぶつかってできており、 いつ崩れてもおかしくない、
非常に不安定な土地なのです


秘境の地!立山カルデラへ ~砂防工事編~_a0243562_132272.jpg

土砂崩れの跡がわかりますか?

これまでに、何度も土砂災害に見舞われてきたそうです
しかし、危険と隣り合わせになりながらも、作業員の方は富山に災害が起きないよう、
文字通り、命がけで富山平野を守っています
今日の富山平野の平和は、彼らによって保たれているんですね

まさに、富山の平和を守る、隠れたスーパーヒーローですね★
ヾ(・∀・´+)エイ(`・Д・´+)o"エイ(+`・o・)ノ"オー!!



~砂防えん堤編~



現在、立山カルデラに立ち入られるには、立山砂防事務所の許可が必要です
富山平野を災害の恐怖から、守り続けている砂防事業
砂防事業に関する情報は
立山駅より、徒歩1分
立山カルデラ砂防博物館へ

公式ページをみる

地鉄電車 Go!Go!

いつでも、利用可能
072.gif全線2日フリー乗車券
特急料金が含まれています

by toyama-chitetsu | 2013-07-25 16:00 | 立山黒部アルペンルート